腕時計の種類について

腕時計の種類について

ロレックスを購入する前に、まずは腕時計の動力源について基本的なことを学んでおきましょう。それぞれの特徴やメリット・デメリットを知ればどれが自分の好みか分かるはずです。

 

機械式時計

ゼンマイを動力源として動く時計の総称です。自動か手動でゼンマイを巻き、巻き上げたゼンマイがゆるむ力を利用して時を刻みます。

 

電池を使わない機械仕掛の時計であることから「機械式時計」と呼ばれます。また、この機械式時計はさらに以下の2種類に分かれます。

 

自動巻き式

自動巻きとは簡単にいえば、時計を腕に巻いていれば勝手にゼンマイが巻き上がって動き続けてくれる時計のことです。

 

ムーブメントの上のローターが腕の動きに合わせて周り、ゼンマイを巻き上げています。時計のことがあまり詳しくない方はこれにビックリすることが多いようです。詳しい方でもこんな動力源の不思議な時計がはるか昔から存在し、今現在でも使われていることに感慨深いものを感じるのではないでしょうか。

 

手巻き式

時計の横に付いている竜頭(りゅうず)を使ってゼンマイを手動で巻く時計を指します。使っている時間に関わらずゼンマイがゆるんでしまった時点で針は止まりますので、毎朝ちゃんと巻き上げておかないといけません。

 

世話が焼ける子ほどかわいいとはまさにこのことで、すべてが便利になっていくこの時代においてこんなに手のかかる手巻き式時計は多くの愛用者がいます。面倒くさがりや竜頭を巻くのを忘れそうな方にはあまり向かないかもしれませんね。

 

クォーツ式時計

機械式はゼンマイを動力源に使っていたのに対して、クォーツ式はバッテリーを動力源とした時計です。こちらは機械式に比べてより正確な時刻を示してくれるという利点がある一方で、手間がかからないので時計の温かみがないと思う方もいるようです。

 

電池式

ボタン電池などを時計にいれることで時を刻むタイプの時計です。ロレックスなどの高級時計ではない一般的な時計はこのタイプが多いのでなじみは深いかもしれません。

 

一定期間経って電池が切れた時には電池交換をする必要がでてきますが、かかる手間はそのくらいのものでしょう。

 

ソーラー式

太陽光や蛍光灯などからソーラーエネルギーを得て時計を動かく動力源とするのがソーラー式時計です。太陽の直射日光であればたったの5分で1日問題なく動くエネルギー効率をもっています。

 

ソーラーが動力源なため電池交換も当然必要なく、もっとも手間がかからない便利な時計となっています。